しこりがある
ここではおっパイが痛い時にしこりがある場合について、詳しく説明していきます。

胸のお悩みの中でも多いのが、乳房内にしこりが感じられ触ると痛いというものです。おっパイを触ってしこりがあると、もしかして乳がんかも?と不安に思う方が年齢問わず多いはず。確かに乳がんの症状としても胸のしこりはできますし、しこりができる病気の中で最も怖い病気でもあります。だからといって必要以上に不安になるべきではなく、まずはおっパイのしこりについて詳しく知る事が重要です。


sponsored link



【おっパイにしこりがある原因と病気】

おっパイにしこりがある時に考えられる原因としては以下のようなものが挙げられます。
ホルモンの影響
まず第一に多い原因として、ホルモンの影響によるものが挙げられます。乳房は主に乳腺と脂肪組織で構成されていて、乳腺は乳腺葉という膜で包まれた塊が集まったものです。女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きによって乳腺が刺激されて肥大化すると、同時に乳腺葉の一部がしこりのような固まりとして大きくなることがあります。これがホルモンの影響によってできるしこりのメカニズムです。
乳腺症
ホルモンの影響で発症するのが乳腺症です。乳房から両脇の下にかけて張りや痛みを感じ、しこりは固いものが複数できそれぞれの境界線がわかりにくくはっきりしていないのが特徴です。
乳腺炎
妊娠中や授乳中の女性に多いのが乳腺炎です。大きく二つのタイプに分かれ、母乳が乳腺内で詰まって炎症を起こす急性うっ滞性乳腺炎と、主に乳頭から細菌が入り込み細菌感染によって炎症を起こす化膿性乳腺炎があります。乳房は全体的に腫れるような感覚と熱を持ち、しこりは固く触ると痛みます。
乳腺嚢胞
30〜50代の女性に多いのが乳腺嚢胞(のうほう)です。乳管内に水が溜まって袋を形成した状態で、しこりはやや柔らかく平べったいのが特徴で触ると痛むことがあります。
乳腺線維腺腫
どの年代でも起こりますが比較的若い世代の女性に多いのが乳腺線維腺腫です。丸みのある固いしこりが特徴で、押すと弾力がありくるくるとよく動きます。ただし痛みを伴うことは少ないです。
乳腺葉状腫瘍
30代以上の女性に多く見られるのが乳腺葉状腫瘍です。楕円形の柔らかいしこりができ、急速に大きくなるのが特徴です。
乳腺脂肪壊死
乳房を打撲したりした後に起こる場合があるのが乳腺脂肪壊死です。弾力のあるやや硬いしこりで、ズキズキと痛むのが特徴です。
乳腺肉腫
乳腺を取り囲む間質から発生する乳腺肉腫は、乳がんと同様に悪性の腫瘍です。悪性度が高く血液を介して肺転移を起こすことが典型的ですが、発症自体は極めて稀です。
乳がん
乳腺肉腫は間質から発生するのに対し、乳腺の上皮から発生するのが乳がんです。しこりは固く、脇の下のリンパ節にも及んだり、乳頭に湿疹やただれがある、分泌物があるなどの症状が典型的です。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ しこりがない

⇒ 成長期

⇒ 生理・排卵期

⇒ 妊娠初期・妊娠中

⇒ 出産後・授乳期

⇒ 更年期




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。