乳腺炎
ここではおっパイが痛い時の原因の一つ、乳腺炎という病気について詳しく説明していきます。

乳腺炎とは、乳房内を構成する乳腺という組織に炎症が起こっている状態を指します。乳腺炎には大きく分けて、うっ滞性乳腺炎と化膿性乳腺炎の2つの種類があります。主に出産後、赤ちゃんに母乳をあげている授乳中の女性に多く発症するもので、女性特有の病気と思われがちですが男性でも発症することが稀にあります。
乳腺炎の原因や症状、治療についてさらに詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【乳腺炎の原因】

乳腺炎はその種類によって原因が異なります。
うっ滞性乳腺炎
うっ滞性乳腺炎は別名「停滞性乳腺炎」とも呼ばれ、母乳が乳腺で詰まってしまい炎症を起こしてしまうのが原因となります。乳管という母乳が通る管が十分に開いていないこと、赤ちゃんの母乳を飲む量より母乳が作られる量の方が多いこと、赤ちゃんの母乳を飲む力が弱いことなどが原因で発症します。特に初産の方に発症しやすいのも特徴です。
化膿性乳腺炎
化膿性乳腺炎は別名「細菌性乳腺炎」とも呼ばれ、乳頭に出来た傷が元で乳腺内に細菌が入り込み細菌感染を起こして炎症を起こすことが原因となります。常駐菌である黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などが主な原因菌です。うっ滞性乳腺炎から発展する場合もあります。乳頭付近が溢れた母乳で不潔な状態が続くと起こりやすくなります。

【乳腺炎の症状】

乳腺炎の症状もその種類によって異なります。
うっ滞性乳腺炎
乳房全体が腫れて赤みを帯びたり、しこりが出来て触ると痛い、おっパイ全体に熱を感じるといった症状が現れます。授乳を始めると授乳中は痛みが軽減されますが、授乳が終わってしばらくするとまた母乳が溜まって痛みます。出産後数日を過ぎた辺りで症状が現れやすいのが特徴です。
化膿性乳腺炎
乳頭を中心に乳房が赤く腫れ上がり、激しい痛みを伴います。しこりは触ると強く痛み、乳房だけでなく全身性の高熱が現れることもあります。また、乳頭から膿が混じった母乳がにじみ出ることもあります。出産後数週間してから症状が現れやすいのが特徴です。


sponsored link



【乳腺炎の治療】

乳腺炎の治療も種類によって異なります。
うっ滞性乳腺炎
温めたりマッサージをして母乳の通りを良くすることに努めます。溜まった母乳は搾乳機で出し切って、母乳が中で溜まらないように心掛けます。また脂っこい食事などを摂ると母乳の成分もドロっとして濃くなり、より詰まりやすくなるため、野菜を中心にバランスの良い食生活を送ることも重要です。
化膿性乳腺炎
化膿性乳腺炎の場合は、まず授乳を中断することを前提に、細菌に対して抗生物質の投与、炎症に対して消炎鎮痛剤を服用して対応します。程度が重い重症化した場合では、膿を注射針で吸引するか、場合によっては切開手術によって中に溜まった膿を取り出す必要があるケースもあります。


このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 乳腺症

⇒ 乳腺嚢胞(のうほう)

⇒ 乳がん

⇒ しこりがあって痛い

⇒ 出産後・授乳期の痛み


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。