更年期のおっパイの痛み
ここでは更年期のおっパイの痛みについて、詳しく説明していきます。

更年期を迎える中高年の女性に多いのが、胸と子宮の病気です。更年期とは具体的に45〜55歳頃の閉経を迎える時期を指して言いますが、この時期の女性の体は思春期の成長時期と同様、体内の女性ホルモンに大きな変化を起こし、ホルモンバランスが崩れやすくなります。このホルモンバランスの変化によって起こる特有の症状を総じて更年期障害と呼びますが、更年期障害の代表的なものとしておっパイの痛みが挙げられます。


sponsored link



【更年期障害とは?】

個人差はありますが、おおむね45〜55歳頃の時期になると女性の卵巣機能は衰え、やがて閉経を迎えます。この時期になると今まであった生理や排卵によって分泌された女性ホルモンの量が減り、体内のホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。この影響で体に様々な症状を引き起こすのが更年期障害であり、胸や子宮だけでなく全身性の症状を引き起こすのが特徴です。

【更年期障害による胸の痛み】

更年期障害の代表的な症状として挙げられるのが、胸の痛みです。女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減少することで、脳は「エストロゲンが足りないよ」とエストロゲンの分泌を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌します。しかし卵胞刺激ホルモンを分泌しても、卵巣から分泌されるエストロゲンが減少している為、いわゆる需要が供給に追いつかない状態になりバランスが崩れてしまうのです。これにより乳房内の乳腺を刺激することで胸の痛みが生じてしまいます。
また、ホルモンバランスが崩れると自律神経の乱れに繋がります。自律神経は心臓の脈拍を調整する役割もあるため、動悸や息切れを起こすこともよくあります。これが胸の痛みとして感じるケースもあるのです。

さらに、40代以降の女性は身近に乳がんや子宮がんなど深刻な病気を発症する方が増え始め、自分もそうではないかと心配になって精神的にも不安定になりがちです。これが更年期障害の症状を加速する要因にもなって、悪化しやすくなります。この不安を解消する為にも、定期的にがん検診を受けることが重要です。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 成長期

⇒ 生理・排卵期

⇒ 妊娠初期・妊娠中

⇒ 出産後・授乳期

⇒ 乳がん




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。