妊娠初期・妊娠中のおっパイの痛み
ここでは妊娠初期・妊娠中のおっパイの痛みについて、詳しく説明していきます。

妊娠初期や妊娠中期・後期など妊娠中の妊婦の方で、胸の張りや痛みを訴えるケースは少なくありません。感じ方は人それぞれで、生理・排卵期での痛み方によく似ているという場合もあれば、全く違う感じ方をする場合もあります。同じ方でも1回目と2回目の妊娠とでは全く違う感じ方をする、というケースもあります。
さて、妊娠中のおっパイの痛みはなぜ起こるのでしょうか?詳しく見ていきましょう


sponsored link



【なぜ妊娠中におっパイが痛くなるのか?】

妊娠中に胸が痛くなる原因も他の原因と同様で、ホルモンバランスの変化によってもたらされる症状です。特に妊娠初期の場合は、着床後にホルモンバランスの急激な変化が起こり、その影響で胸の張りや痛みを起こします。女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が大量に分泌され、これらが乳房内の乳腺を刺激して痛みを起こすのです。この時期は他にも、眠気や体のだるさ、味覚や嗅覚の変化、体温上昇、抜け毛、吐き気や嘔吐などの症状、つまりつわりの症状を起こします。

そして妊娠中期以降の場合は胎児も大きくなり出して、いよいよ出産の準備に取り掛かるために体に大きな変化が現れ始めます。出産後の授乳に控えて乳腺も急速に発達し、母乳を作り出そうとし始めます。このため乳房はさらに大きく膨れ上がるので、強い張りと痛みを感じるようになります。

【妊娠後期は乳腺炎が原因の場合も?】

妊娠後期で安定期に入ると、おっパイの痛みもひと段落してある程度落ち着く方も多いですが、逆に痛みが強くなるケースもあります。この時期からは、乳腺に炎症を起こした乳腺炎を発症することもよく見られます。放置して悪化していくとおっパイが石のように固まって、最悪の場合は切開手術も必要となるので注意が必要です。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 成長期

⇒ 生理・排卵期

⇒ 出産後・授乳期

⇒ 更年期

⇒ 乳腺炎




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。