乳腺嚢胞(のうほう)
ここではおっパイが痛い時の原因の一つ、乳腺嚢胞という病気について詳しく説明していきます。

乳腺嚢胞とは乳腺症の一つの種類で、乳管に水が溜まって袋状になった状態を言います。乳腺症と同様に30〜50代の女性に多く見られ、閉経後ではほとんど見られなくなります。また、しこりはやや柔らかく平べったいのが特徴的です。女性の2人に1人が生涯のうちに一度は経験すると言われるほど身近な病気でもあります。


sponsored link



【乳腺嚢胞の原因】

乳腺嚢胞の原因は、乳腺症とおおむね同じで女性ホルモンの影響によるものです。特に生理前や生理中に女性ホルモンの影響によって乳腺が刺激され、水分が乳管内部で溜まって袋状に形成され発症します。

【乳腺嚢胞の症状】

乳腺嚢胞の症状は、乳房の腫れと痛み、乳房内のしこりなどが生じます。しこりはやや柔らかく平べったいのが特徴で、触ると痛みを伴うこともあります。主に生理前に症状が強く現れやすい傾向にあります。

【乳腺嚢胞の治療】

乳腺嚢胞は基本的にしこりも良性で、検査で乳がんではないことが確認されれば、ほとんどの場合経過観察だけで治療は行われません。痛みが強い場合には消炎鎮痛剤を服用して対応します。しこりが大きく肥大している場合には注射器で吸引することもありますが、違う場所に再発することがよく見られるのであまり効果的ではありません。
乳腺症と同様、ストレスや疲労などが誘発すると考えられるため、ストレスを和らげ健康的な生活を送ることが治療の基本となります。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 乳腺症

⇒ 乳腺線維腺腫

⇒ 乳腺葉状腫瘍

⇒ 乳がん

⇒ しこりがある




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。