乳管内乳頭腫
ここではおっパイが痛い時の原因の一つ、乳管内乳頭腫について詳しく説明していきます。

乳管内乳頭腫とは、母乳の通り道である乳管という管の中でイボ(乳頭腫)ができる病気です。イボは乳頭付近に発生することが多く、乳頭から分泌液や血がにじみ出ることがあるのが特徴です。乳がんと間違われやすいですが、乳頭腫は良性でがん化することはありません。しかし、罹患者は将来乳がんを発症しやすいと言われている為、注意が必要となる病気です。


sponsored link



【乳管内乳頭腫の原因】

乳管内乳頭腫の原因は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が影響して発症するものと考えられていますが、はっきりとは解明されておらず原因不明の病気です。好発年齢は30〜50代で、乳腺症を合併することが非常に多いこともあり、女性ホルモンの影響が原因として考えられることを裏付けています。

【乳管内乳頭腫の症状】

乳管内乳頭腫の症状は、乳頭からの出血や分泌液によって自覚することが典型的です。乳房の張りや痛みを感じることもあります。しこりを感じるケースは少なく、稀に分泌液が乳腺内で溜まるとしこりを形成することがあります。

【乳管内乳頭腫の治療】

まず重要なのが乳がんとの鑑別です。マンモグラフィー(乳房X線検査)やエコー(超音波検査)、細胞診や乳房生検などの検査を行って診断されます。乳管内乳頭腫と診断された場合、基本的には経過観察に留まり特に治療を施す必要はありません。乳頭腫の規模や分泌液の多量といった症状によっては、乳管切除手術を検討する場合もあります。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 乳腺症

⇒ 乳がん

⇒ パジェット病

⇒ 更年期

⇒ しこりがない




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。