生理・排卵期のおっパイの痛み
ここでは生理や排卵の時期のおっパイの痛みについて、詳しく説明していきます。

女性特有の毎月の生理や排卵というのは、周知の通り子供を産む出産のために必要な現象です。またこれらのタイミングではホルモンのバランスが大きく変化することもよく知られています。さらに、毎回ホルモンの変化は一定量というわけではなく、体調や精神状態などによってもバランスは大きく影響するものです。ふいに襲ってくる胸の痛みの原因としては、こうした女性ホルモンのバランスの変化によってもたらされるものが多く見られます。


sponsored link



【なぜ生理や排卵の影響で胸が痛むのか?】

生理や排卵の影響でおっパイが痛くなるのは女性ホルモンの影響と説明しましたが、ではなぜ女性ホルモンの変化によって胸に痛みが生じるのでしょうか。
それは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用によるもので、これらが乳房内の乳腺に働きかけ、乳腺が急激に発達して血管が広がる、乳腺組織が増える、乳腺間質に浮腫を起こすといった現象を起こします。これが神経を刺激することで時に胸が張るような感覚や痛みを引き起こすのです。

また、生理前の時期を「黄体期」と呼びますが、特にこの時期にはホルモンバランスが崩れやすくこういった症状を起こしやすい期間と言えます。さらに生理前のこういった症状を月経前症候群と呼びますが、実は健康な女性の7割以上の方が月経前症候群があると言われています。従って、生理サイクル中に起こる胸の痛みはごくごく当たり前に起こり得るものなのです。

【月経前症候群を改善・解消したい!】

月経前症候群によるおっパイの痛みは一般的に誰にでも起こり得るものですが、ブラを付けるだけでもズキズキと痛むような場合は日常生活にも支障を来たすでしょう。できるだけ痛みを抑えたり解消できるならしたいと思うのが普通です。どうすれば改善できるのでしょうか?
実は残念なことに月経前症候群を100%改善できる方法はありません。しかしできるだけ抑制する方法としてのヒントは、以下のような「健康的な生活」に隠されています。
食生活
食生活が乱れると血糖値の変化によって精神状態が不安定になりやすいです。糖分の摂り過ぎやカフェインなどの刺激物の摂り過ぎなど、偏った食事はホルモンバランスを崩す一つの大きな要因となるのです。栄養バランスの整った食事内容や規則正しい食事リズム、暴飲暴食を避けるなど、食事環境を整えることは月経前症候群の予防に繋がるのです。
適度な運動
健康的な生活を送る上で欠かせないのが適度な運動です。運動不足の場合は、体の代謝機能が落ちると共にホルモンの影響を受けやすい体になってしまいます。1日数分程度のストレッチやウォーキングを行うだけでも変わってくるので、日々欠かさないよう心掛けましょう。
十分な休息と睡眠
良質な睡眠は体を休めるのに最も重要な項目です。睡眠不足や質の悪い睡眠では、体は休まらず疲労は溜まる一方です。良質な睡眠を取る方法を参考に、上手な睡眠生活を心掛けましょう。
ストレスを溜めない
言うまでもなく、ストレスは体に著しい悪影響を与えます。ストレスを一切感じない生活というのは無理がありますが、ストレスを解消する方法は色々とあります。趣味の時間を作るなど自分なりにストレスと上手く付き合っていくことが重要です。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 成長期

⇒ 妊娠初期・妊娠中

⇒ 出産後・授乳期

⇒ 更年期




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。