成長期でおっパイが痛い
ここでは成長期のおっパイの痛みについて、詳しく説明していきます。

女性の胸が大きくなるのは、将来出産して赤ちゃんに母乳を与えられるように体が成長していくからというのは良く知られています。成長期は人によって様々で、およそ小学校高学年辺りから高校を卒業する頃までの間に収まります。背が伸びる時に膝や腰など関節が痛む成長痛と同様に、胸も大きくなる際は痛みを伴うことが大半です。この年齢の時期におっパイが痛い場合は、これが原因の大半を占めるので問題ありません。


sponsored link



【なぜ成長期におっパイが痛くなるのか?】

成長と共におっパイが痛くなるのには、生理・月経が深く関係しています。初経時、つまり初めての生理が来る頃からおよそ4年間ほどにおっパイの成長期が来ます。いったん生理が終わると体内ではエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが分泌され、エストロゲンは乳房内の乳腺や乳管洞を発達させる働きがあり、これが胸を大きくする原因となります。
一方で生理が終わって次に排卵を迎えると、プロゲステロン(黄体ホルモン)というもう一種の女性ホルモンが分泌され、これは乳房自体に脂肪を付ける作用があります。従って、生理前に徐々に乳房内に脂肪が溜まっていき、胸が張るような痛みやしこりを感じるようになるのです。
特に成長期ではこの働きが活発で、生理の回数を重ねる毎にホルモンが安定していくため、初経を経てすぐの頃はホルモンバランスが不安定な状態になります。これが成長期におっパイが痛くなる原因というわけです。


sponsored link



【成長期のおっパイの痛みを抑えるには?】

胸の成長痛は全ての女性に起こるわけではありませんが、残念ながら成長期のおっパイの痛みを完全に無くす方法はありません。体内のホルモン作用によって生じるものなので、それ自体を抑えることが出来ないからです。
しかし、おっパイの痛みを軽減する方法はあります。以下にご紹介していきます。
冷やす・・・痛みがあるうちは濡れタオルなどで冷やすことで、知覚神経を鈍らせて痛みを抑えることが出来ます。ただし、炎症が起こっているわけではないので冷やしすぎないように注意して下さい。
成長期用のブラを使用する・・・成長期にブラを付けない方も多いですが、痛みがあるのは服との摩擦も原因となります。おっぱいが擦れて痛い場合には、クッション性が高く包み込むような機能のある成長期用ブラを付けると良いでしょう。
ストレスを溜めない・・・ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れて不安定な状態になるので、成長痛も強く現れやすくなります。リラックスできる環境に身を置く、趣味などでストレスを解消することを心掛けましょう。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 生理・排卵期

⇒ 妊娠初期・妊娠中

⇒ 出産後・授乳期

⇒ 更年期




[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。