乳腺症
ここではおっパイが痛い時の原因の一つ、乳腺症という病気について詳しく説明していきます。

乳腺症とは、女性ホルモンのバランスが崩れることで乳腺に痛みやしこりが生じた状態を言います。30〜50代の年代に多く見られ、加齢やストレスなどが起因して発症するものと考えられています。生理周期にも深く関わっていて、特に生理前になると症状が強く現れる傾向にあります。女性が生涯で一度はかかってもおかしくないと言われるほど、ほとんどの人が乳腺症を発症しています。実際に乳がんの検診を受けて乳腺症と診断されるケースは非常に多く見られます。


sponsored link



【乳腺症の原因】

乳腺症の原因は、女性ホルモンの分泌が過剰になるなどホルモンバランスが崩れることが起因しています。女性ホルモンの一つエストロゲン(卵胞ホルモン)は乳房内の乳腺や乳管洞を発達させる働きがあり、、主に排卵前と生理前に多量に分泌されますが、生理後は分泌量が急激に減ります。これを長年繰り返すうちに、発達した乳腺が元に戻りにくくなったり強い変化を起こしやすくなったりして症状を引き起こすのが原因となります。
さらに、この時期の女性は子育てに追われたり、職場では責任の重い役職に付いたりと社会環境も複雑でストレスが溜まりやすい状況下に置かれることも背景にあります。

【乳腺症の症状】

乳腺症の症状は、乳房から両脇の下にかけて張りや痛みを感じ、しこりはやや固くて大小さまざまなものが複数でき、それぞれの境界線がわかりにくくはっきりしていないのが典型的な症状です。しこりは生理前に大きくなり生理が始まると途端に小さくなるのが特徴です。また、閉経を迎えると症状は軽快するか自然と消失する傾向にあります。
乳がんでできるしこりと似た部分があるので非常に勘違いされやすく、乳がんを疑って検査を受けられる方の多くが乳腺症と診断されるほどです。


sponsored link



【乳腺症の治療】

乳腺症は基本的にしこりも良性で、検査で乳がんではないと分かれば特に変わった治療を行う必要はありません。ストレスの軽減を図る、睡眠を十分に取る、栄養バランスを整え食生活を改善する、適度な運動をするといった健康的な生活を起こることが症状の改善に繋がります。痛みが強い場合にはロキソニンやボルタレンなどの鎮痛薬を服用して対応します。また、女性ホルモンの過剰分泌に対しては抗エストロゲン薬を使用する場合もあります。


このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 乳腺炎

⇒ 乳腺嚢胞(のうほう)

⇒ 乳腺線維腺腫

⇒ 乳がん

⇒ しこりがある


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
oppaigaitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。